• 購読する

シアターキューブリック『誰ガタメの剣』

20080208tagatamenoken.jpg
昨日はいつもお手伝いをしている劇団のメンバーが客演するというので、
シアターキューブリックの舞台を見に行ってきました。

以前ちょっとだけ付き合いがあったこともあり、
シアターキューブリックには顔見知りが何人かいるんだけど、
見に行くのは久しぶり。
たぶん3年ぶりくらいじゃないかな。

今回の『誰ガタメの剣』は時代劇。
戦国の世を舞台に、長宗我部元親を描いた作品だけど、
衣装は着物ではなくオリジナル、鬘もなし、チャンバラなし、
音楽もバリバリのロックを使ったりしてて、あまり時代劇っぽくはない。
でも描いているのは戦国武将の生き様なので、
物語の軸はとてもはっきりしていた。
うるっとくるシーンも何度もあったし。
また、アクション部分はダンスで表現してて、
体力的にはとてもハードに見えた。
気になる点とかはなかったわけではないけれど、
とりあえず個人的には結構楽しめたし、好印象な舞台。
(客演陣も実力者ぞろいで舞台をびしっと締めてたと思う)

時間が許せば、もう一回くらい見に行ってもいいかな。


シアターキューブリック ver.16
『誰ガタメの剣』
作・演出 緑川憲仁
2008年2月7日(木)〜11日(月・祝) @中野ザ・ポケット
http://www.qublic.net/tagatame_hp/tagatame.html