• 購読する
  • home
  • >blog
  • >ブログ: 2006年2月アーカイブ

ブログ

東京バレエ団による、V.マラーホフ振付/演出の『眠れる森の美女』を見に、この二日間は上野の東京文化会館に行っていました。

このマラーホフ版、事前に写真で見ていた衣装や美術がとてもカラフルで豪奢なものだったので、「これを東京バレエ団がやるとしたら、どうなるんだろう?似合うのかな?」ってずっと思っていました。
で、実際に舞台を見てみると「お、思ってたよりも全然問題ないじゃない」。薔薇をモチーフにした、ピンク・紫・グリーン・オレンジを基調とした色彩で、とても華美でハイセンスな印象。似合うか心配していた衣装も、想像していたよりもずっとしっくりきていました。

主役オーロラ姫は吉岡美佳さん。繊細でたおやかな踊りが特徴で、ちょっと大人びた、だけど可愛らしいオーロラでした。両足にテーピングをしていて、絶好調というわけではなさそうだけど、それでも決して崩れることのない安定感はベテランならではでしょうか。初日はローズアダージョの最後のバランスで、ちょっと時間がかかってしまい音楽が冗長になってしまいましたが、2日目はその辺りをちゃんと調整していたりしてさすがです。

マラーホフは数年前と比べるとちょっと力が落ちたかなぁと思うこともあったのですが、それでも「王子様」としての天性の気品と美しいライン、そして安定したサポートで存在感を出していました。この二人、とても相性がいいと思います。お互いのいいところを引き出すというか、まず並んで立っているだけで絵になりますからね。

リラの精は上野水香さん。正直なところ、これまで何度か見ているけれどいつも「うーん」と首を捻っていた彼女の踊りですが、今回は東京バレエ団の踊りの中にいい意味で溶け込んでいたし、ストーリーにもしっかりと乗っていたと思います。

カラボスは元団員で賛助出演の芝岡紀斗さん。このバージョンはカラボスの出番が多く、(大袈裟な)演技が中心なので、長身で体格のいい彼はとても印象に残ります。かなり美味しい役です。
ただ、大袈裟な身振り手振り、そしてメイクのために、ワハハ本舗の梅ちゃん?というイメージが浮かんでしまいました(笑)。とにかく、美味しい役どころです。

その他の登場人物で印象に残った人を箇条書き。
・純真の精の大島由賀子さん(両日)。のびやかで大きな踊りが○。
・ルビー(18日)と雄弁の精(19日)を踊った長谷川智佳子さん。キレのある踊りが心地よい。
・サファイアの佐伯知香さん(両日)。無駄のないキレイな踊り。
・シンデレラ&フォーチュン王子の井脇幸江さん/木村和夫さん(両日)。ベテランらしい、さすがの貫録。
・フロリナ姫(18日)の小出領子さん。高貴さと可愛らしさ、芯の強さ全てを内包している、素晴らしい出来。
・ブルーバードの中島周くん(19日)。ラインがとてもキレイ。そしてなによりも腕の柔らかい動きが素晴らしい。ふんわりを宙を舞っていた。
・牡猫と小猫。前川美智子さん/平野玲くん(18日)と吉川留衣さん/大嶋正樹さん(19日)。2組とも○。18日はコケティッシュな小猫と心優しき牡猫。19日はクールで可愛い小猫とちょっとワイルドな牡猫。キャラクターが全然違っていてどちらも面白い。

あと普通の眠りよりも男性陣の活躍する場面が多いのが印象的。やはり現役男性ダンサーであるマラーホフが振り付けたのが大きな要因かな。群舞は比較的大人し目。もう少しいろんな場面で踊って欲しいとも思った。

残るは火曜の最終日。初日と同じキャストだけれど、一度本番を踊っているわけで、もしかしたら違う印象を持つかもしれません(それが複数回通う楽しみの一つ)。火曜日が待ち遠しいです!

音にこだわる digital

Ultimate Ears Super.fi 5 Proパッケージ
Ultimate Ears Super.fi 5 ProとiPod
昨年末に知り合いにSHURE E4cを試聴させてもらって以来、高級イヤホンへの興味が俄然高まっていました。そして今年に入って銀座のアップルストアへ行った際に、いくつかのイヤホン&ヘッドホンを試聴してみたのですが、結局一番気に
入ったのはこのUltimate Ears Super.fi 5 Pro。3万円を超える価格は、今まで使ってきたSONYのインイヤー型と比べると約10倍。さすがに即決とはいかずに何週間か迷っていましたけど、本日購入してきました。

まだエージングも終わっていない状態ですが、とりあえず同じ音源で聴いているのに耳に入ってくる音が全く違う。広がり&厚みが格段に豊かになりました。「この曲はこういう音だったのか!」という驚きで、頭をガツンとやられた気分です。

これからしばらくは、iPodを持って出かけるのが楽しくなりそうです。

2/11(土)は、演劇を2つ観るという、なかなか充実した1日だった。

午後2時からは渋谷PARCO劇場にてサードステージプロデュース『ラブハンドル』。しかしチケットを用意してくれた初対面の人と1時半に待ち合わせのはずが、見事に寝坊...(-_-;)。彼からの電話で起き、慌てて支度して渋谷へ。2時半前くらいについたので、始めの20分ほどは見れなかったけど(開始は5分押しだったらしい)、話が動き始める前だったので大きな問題はありませんでした。

芝居の方は笑いあり、せつないシーンあり、心に響くシーンありでとても面白かった。休憩含めて2時間半ほどあったけど、全体のテンポが良く、また緩急の付け方も絶妙で、最後まであっという間に感じられた。ホントにいいお芝居でした。

原田泰造はお笑い出身だけど、声も通るし(早口になると少し不鮮明になるところもあったけど大きな問題なし)ガタイもいいので、舞台上でしっかりと存在感を出していました。なかなか良かったと思いますよ。

その後ご飯を食べた後に目白へ移動。知り合いの出るお芝居『デビルマン〜不動を待ちながら』を見るためです。この作品は、永井豪原作の漫画『デビルマン』の最終話の悪魔狩りのシーンを下敷きにして、その極限状況に置かれた人々が、生きること/生き延びることとはどういうことか/どうすべきか、を見つけ出すことを描いた作品。題名になっているデビルマン=不動明は登場せず、篭城しながら彼を待ちわびる人々の心理を克明に描いていて、そのためとても重い緊張感に満たされた2時間弱のお芝居です。その緊張感は観客も共有しているため、見終わった後はかなり疲れてしまっていました。でも、題材としては興味深いし、舞台上で繰り広げられた気持ちのぶつかりも、とても面白いものでした。ただ、テーマがとても重いために、そこで感じたことを自分でちゃんと掴むまでにまだ時間がかかりそうです。

方向性のまったく違うお芝居を連続して観ると、ちょっと頭が疲れますね。でも面白い1日でした。

今日は初台新国立劇場に、バレエ研修所第3期生の1年次発表会を見に行ってきた。昨年春に入所して約10ヶ月、平日は毎日午前10時から午後5時半まで、みっちりと組まれたカリキュラム&レッスンで過ごしてきた8名の研修生たち。その成果がどんなものなのか、確かめに行きました。

演目は以下の通り。
====================
■スパニッシュ・ダンス
『オーチョ・ムヘーレス』
『ブレリーアス』
出演:井倉真未、今井奈穂、今村美由起、大湊由美
   岡崎弓佳、小野絢子、柴田知世、鈴木愛
ギター:高橋紀博
カンテ:アギラール・デ・ヘレス
パルマ:柳谷歩美

■クラシカル・バレエ
『ワルツ』(作曲:グノー)
出演:井倉真未、今井奈穂、今村美由起、大湊由美
   岡崎弓佳、小野絢子、柴田知世、鈴木愛
賛助出演:清瀧千晴、坂爪智来(共に牧阿佐美バレヱ団)

『海と真珠』
出演:井倉真未、小野絢子
賛助出演:八幡顕光(新国立劇場バレエ団、バレエ研修所第2期生)

『シンフォニエッタ』
出演:井倉真未、今井奈穂、今村美由起、大湊由美
   岡崎弓佳、小野絢子、柴田知世、鈴木愛
賛助出演:堀口純(新国立劇場バレエ団、バレエ研修所第2期生)
     清瀧千晴、坂爪智来
(以上敬称略)
====================

最初のスパニッシュ・ダンスは、さすがにまだ初めて1年未満ということで迫力にはかけましたが、動きの優雅さやポーズのカッコ良さはそれなりに出せていました。目に付いたのは小野絢子さん(とにかくポーズ/動きがキレイ)、井倉真未さん(見栄の切り方がカッコイイ)。

途中、研修風景の映像が20分ほど流れた後、クラシカル・ダンスの部へ。
『ワルツ』は、軽やかで優雅な動きが多く用いられた、美しいアンサンブルの踊り。比較的短めの作品だったので、個々の動きはあまり把握できず。
『海と真珠』では研修生2人と賛助出演の八幡くん(第2期生)の3人の出来がとても良く、かなり満足できました。小野さんと井倉さんのコンビはリズミカルで軽やかで、でも小さくまとまらずにそれぞれの良さをアピールできる踊りだったと思います。

最後の『シンフォニエッタ』は、先月末に研修所がワシントンで開かれた「国際バレエ学校フェスティバル」に参加した際に上演した作品(グノーの交響曲第1番の一部を使って作られたもの)。明るい音楽に乗って上品に軽やかに踊るもので、とても楽しめました。賛助出演の堀口さんは、派手さはないけれど品があって隙のない正統派のバレリーナ。彼女をこれまでちゃんと見たことなかったのですが、その良さがよくわかりました。ここでは研修生の小野さんが堀口さんと同じくソリスト扱いで踊っていて、可愛らしい容姿・理想的なスタイル・安定した技術そして華やかな踊りを披露していました。その前に『海と真珠』も踊っているし、彼女は第3期生の優等生で、バレエ団の将来のソリスト候補という感じでしょうか。

全作品上演後に、研修生全員の一言挨拶、豊川恵美子主任講師からの挨拶などがあり、約2時間弱の公演は終わりました。

彼女たちは、2年の研修期間のまだ1年目、現段階での評価はあまり意味がないわけですが、それでも小野さんは確実に頭一つ抜けた存在です(もっとかも)。研修期間終了後、新国立劇場バレエ団に入団するのかどうかはまだわかりませんが、もし入団ということであれば、いきなりソリストという契約になっても全然驚きませんね。そのくらいの才能を持っていると思います。
もちろん、他の人たちもこれからの1年で伸びていくでしょうし、それを期待したいと思っています。

次は7月に発表会が予定されているので、これももちろん見に行くつもりです。

昨日は再び新国立劇場へ、『バレエ・プレルジョカージュ』を見に行ってきました。

先日の『N』に続いて日本初公開の作品『Les 4 Saisons(四季)』。ヴィヴァルディの音楽とその個々の曲を繋ぐ"無音"、そしてプレルジョカージュ振付によって構成された作品で、『N』よりも気軽に楽しめるものになっていました。全体的に明るい照明の中、様々なものがぶら下げられた舞台上で、カラフルな衣装を身に着けた(場合によってはほとんど何も身に付けない)ダンサーが、身体能力の限界を目指すように動きまくっていました。奇抜な衣装や動き、発声に少し戸惑いも感じましたが、笑いの場面があったり、目が離せなくなる場面が多かったりと、「また見てもいいかな〜」と思える面白い作品だったと思います。

とりあえず今回の公演を見て、時代を変えるような斬新な切り口は感じなかったのですが、ダンサーの驚異的な身体能力をどんどん引き出すような振付と演出には、素直に感嘆しました。ついていけない表現・場面ももちろんありますが、コンテンポラリーで全部理解できてしまうというのも面白くないわけで、まあいいかなと思っています。
次に公演があるときは、また見に行こうと思います。