• 購読する
  • home
  • >blog
  • >ブログ: 2005年5月アーカイブ

ブログ

久しぶりのKバレエ観劇。お目当てはゲスト出演の中村祥子さん(ウィーン国立歌劇場バレエ団ソリスト)。昨年のローザンヌガラで見て以来、「次に日本で踊る時には絶対に見に行く!」と思っていたバレリーナなので、期待に胸を膨らませて会場である五反田ゆうぽうとへ行きました。

ここの『白鳥の湖』は、通常オデットとオディールを一人のバレリーナが踊り分けるところを、2人のバレリーナがそれぞれ踊るという珍しいバージョン。今日の中村祥子さんはオディール役(昨日はオデット役だった)。そんなわけで3幕からの登場だったので感想は後述。

白鳥オデット役はバレエ団のプリマの一人、康村和恵さん。手足が長く、細身のラインが美しい。ただ白鳥の繊細さはあっても優雅さはあまりなく、なんだかサバサバした印象。王子との間にも愛があるようには見えなくて、そのため物語に説得力が感じられなかった。ちょっと残念。

王子ジークフリート役は、若手の芳賀望くん。初役ということで序盤は少し緊張していたのか、目測を誤ったりもしていたけれど、だんだんと伸びやかな踊りになっていった。脚のラインがキレイだし、テクニックは熊仕込みのキレがあった。演技面はまあ初役だから少し甘い面もあったけど、一途さとかは感じられた。今後に期待ですね。

そして黒鳥オディールの中村祥子さん。いやーもう、
圧倒的でしたよ、ホントに。彼女の動き一つ一つに視線が釘付けになってしまい、他の人が何やってたかなんて全然憶えていないくらい。表情の作り方、指先まで行き届いた細やかな役作り等々、他の人とはレベルが格段に違うのがはっきりと分かりました。バレエに詳しくない人が見ても一目瞭然だったと思いますよ、えぇ。

次はもっと普通の、オデット/オディールを一人二役でやる定番の演出で見てみたいなぁ。Kの演出はこれはこれで面白いんですけど、変化球な印象が強いので(振付とかつっこみたいところはいろいろあるんだけどね)。

正直、他の人の踊りとか群舞とかの印象はあまり残ってません。全て祥子さんで上塗りされてしまいましたから。でもそんななかでも王子の友人ベンノ役のアルベルト・モンテッソは良かったですね。彼は先日のギエムの公演にも出演していたのですが(『田園の出来事』でボールを使って踊る養子役)、やはりそれだけの実力と経験の持ち主なのですね。


さて、次のバレエは少し間が空いて6月後半のベルリン国立バレエ団&新国立劇場バレエ団です。12日間で8公演というハードスケジュールなので、頭がこんがらかりそうですね(^^;

演劇集団キャラメルボックスの劇団創立20周年記念第2弾、『広くてすてきな宇宙じゃないか』『僕のポケットは星でいっぱい』を見に新宿のシアターアプルに行ってきました。

ハーフタイムシアターということで、ともに1時間の作品。それを中休みを挟んで連続して公演するという形(チケットはそれぞれ購入する必要有り)。二つの作品とも共通の世界観と一部同じキャラクターが登場するということで、連続して見ても混乱することなく楽しめました。ともに『銀河旋律』という作品の後日譚なので、キャラメルファンなら馴染のキャラクター達。だけど初見の人でも楽しめる作品だったと思います。事実、誘って連れていった知りあい(キャラメルは初見もしくは過去に見たことあるかも?あんまり憶えてないそうな)は楽しんでもらえた様子。

キャラメルは時代劇・ファンタジー・SFとおおよそ3種類の方向性があるんだけど、今回の2作品はファンタジーもの。個人的にはこのファンタジー路線が一番好き。見終わった後に、胸の中に広がる、温かくて少しせつない何かが心地よい。

東京公演は6/12(日)まで新宿シアターアプルにて上演。その後新神戸オリエンタル劇場で6/18(土)〜6/26(日)まで。興味のある方は是非是非どうぞ。

夜明け daily life

5/24:夜明け

今日の夜明けは格別に美しかった。薄くかかった雲に、夜明け時のオレンジ色の光が反射して、空全体にレースがかかっているように見えた。

沖縄料理 daily life

むかーしからの友人(小学生以来)達と連れ立って、吉祥寺にある沖縄料理屋「ニライカナイ」へ。

ニライカナイ

5人集まって2人は初対面だったけど(友人の友人)、世代が同じで趣味も結構かぶっていたから、ほとんど違和感なく歓談でした。

ラフテー

ゴーヤチャンプルー

料理はボリュームもそこそこあったし、下味もしっかりしていた。店内の雰囲気も良かったし、また行ってみたい店でした。

アップルのサイトで「HDギャラリー」が公開されていました。横幅1280ピクセルの高解像度ムービーはすごい迫力です。冒頭のクレジット表示の部分だけで、画質の違いがはっきりと分かりました。いや、すごいですよ。

自分でもこういう映像を作ってみたいなー、と思ったりもしますが、そもそも素材がない...。HDカメラとか編集ソフトとか、MacもG5にしないとツライだろうしな。というわけで環境面が全然整ってないので、夢で終わるわけですな...。

タイ・フェスティバル2005 daily life

20050515thai01.jpg

代々木公園前で毎年開催されているタイ・フェスティバルに行ってきた。一昨年行って以来2年ぶりだったのだが、来場者が明らかに増えていた。一部など満員電車並みに混雑していた。フリーランスになって以来、こういう人混みはほとんど経験しなくなっているので、1時間ほど会場を巡ったのですが正直かなり疲れました。

20050515thai02.jpg

昼食をとるのが目的だったので、適当な屋台でグリーンカレーと牛筋入りタイラーメン、そしてニラ餃子を買って食べました。グリーンカレーはいまいちだったけど、残り二つは満足できる味でした。

20050515thai03.jpg

来年は何人かで連れ立って行った方がよさそう。その方がいろんなものを味わえるしね。

15インチテレビ/モニタ digital

ヨドバシカメラで、バイ・デザイン社の15インチ液晶テレビを買ってきた。
http://www.bydsign.co.jp/2004/pro/d1512PJ.htm

現在自分の部屋にあるテレビは10インチブラウン管タイプ(!)だったので、もう少し大きい液晶タイプが欲しかったのです。希望としてはPC接続端子がついていて、それなりのデザインで安いものを探していたのですが、店頭でいろいろ見た結果バイ・デザイン社のものに決めました。

SBlog dinner@五反田 web

昨晩はお誘いを受けたので急遽五反田で開かれていたSBlog dinnerという集まりへ参加。業界の様々な方とご一緒させていただきました。six apartの方とか有名な方も数多くいらっしゃって、私みたいなblog初心者が参加しちゃっていいのかな?という気もしましたが、いろんな刺激を受けることができて良かったです。

というわけで今後少しずつでもこのblogをいじっていこうと思ってます。

コストコへ買い出し daily life

髪を切りに行こうと思って店に電話したらいつもの担当の人がお休み。なので予定を変更して多摩境にあるコストコへ買い出しに行ってきました。GW明けの平日夕方ということもあって、あまり混んでなくて気楽にブラブラできました。いつも買うコントレックス(1.5L×12本)は在庫がなかったけど、ペリエ(350ml×24本)やシリアル、粉末バーム等を購入して帰宅。いい天気だったので、行き帰りの車の運転も気持ちよかったです。

さて、また2ヶ月くらい経ったら買い出しに行こうっと。

ベルガリアード物語 daily life

十数年前からお気に入りのファンタジー小説で、デヴィット・エディングス著『ベルガリアード物語』(全5巻、ハヤカワFT文庫)という作品があります。『指輪物語』の系統を引く、だけどもっとほのぼのと読むことのできる作品で、これまで20回以上読み返したと思います。
随分前に絶版になっていたのですが、最近になって突然装丁を変えて復刊されました。一部言葉使いなどが変更になっている他は以前のものとほとんど同じなのですが、「売れ行き次第で外伝が翻訳されるかも」という話を聞いたので、購入しています。今のところ第3巻まで出版されていますが、それぞれ約500ページくらいの分量があるので、読みごたえがあります。

ファンタジー好きには是非読んでみて欲しい作品です。本屋に行った時に探してみてくださいませ。

・ベルガリアード物語1「予言の守護者
・ベルガリアード物語2「蛇神の女王
・ベルガリアード物語3「竜神の高僧
・ベルガリアード物語4「魔術師の城塞
・ベルガリアード物語5「勝負の終り」

Finderのカラム表示で、ファイル選択時に情報表示に数分かかってしまうという件ですけど、Macを再起動してみたら再現しなくなっていました。なんだったんでしょう?インストール後起動してそのまま使ってたんだけど、その時の起動時に何かが美味くいってなかったのかな?

ま、普通に使えるようになったのでいいんですけど。

メインマシンであるPowerMac G4(MDD)にTigerをインストールして使っていますが、いくつか不具合が出ています。まずFinderでカラム表示にしてファイルを選択した時に、そのファイルのアイコンや情報を表示するまでに数分かかってしまいます。これはアプリケーションでファイルを選択する場合にも起こります。それからIllustratorからPhotoshopへのパーツのコピーが出来ないこと。しようとするとアプリケーションがフリーズしてしまいます。

ネット上を見ると、こういう事例は他にも出てるみたいなので、早いうちにアップデータを出して解決して欲しいです。
つか、仕事マシンにインストールするのが早すぎたかな?

デーメル daily life

デーメルのケーキ
バレエを見に行った帰りに新宿高島屋に寄って、デーメルのケーキを買ってきた。少し前からアップフェルシュトゥルーデルを食べたかったんだよね。
夕食後のデザートとして美味しくいただきました(^^)。

先週のAプロに続いてBプロを鑑賞。
演目は『三人姉妹』『カルメン』『田園の出来事』の3つ。
http://www.nbs.or.jp/stages/amours/index.html

ギエムが出演したのはそのうちの『カルメン』を除く2つ。決して派手な作品ではないけれど、それだけに演技力と流れを壊さない技術力が必要。ギエムはそのどちらも兼ねていて、至極自然に物語の中に入っていける。"バレリーナ"、"ダンサー"というよりも"女優"ギエムの舞台であった。

『三人姉妹』でのパートナーはニコラ・ル・リッシュ。ダイナミックな踊りとしっかりとしたサポートが素晴らしい。

『田園〜』ではマッシモ・ムッル。優男風の外見が作品設定によく似合う。すらりとした長身でラインが美しい。

その他では何といっても『三人姉妹』でクルイギン役のアンソニー・ダウエル。サー(Sir)の称号を持つ往年の名ダンサーによる表現はきわめて繊細で奥深い。ほんの少しの仕草や目線の動かし方で、人物の感情を見ている人全てに伝えることが出来る。ホントに偉大な方ですよ。

『田園〜』で養女役で抜擢された東京バレエ団の小出領子。可愛らしい外観と高い技術力で作品世界にしっかりと溶け込んでいました。夏にはルグリと『眠り』を踊るし、いよいよバレエ団の顔的存在になってきましたね。

残りの一つ、『カルメン』はアルベルト・アロンソ振付による、物語のエッセンスを凝縮した作品。以前東京バレエ団による上演を見ているので、どうしてもそれぞれの役にその時のダンサーのイメージがかぶってしまう。ホセ登場の時は首藤康之が出てきたように感じてしまったし、ツニガでは後藤晴雄を思い起こした。また、春に新国立劇場バレエ団による『カルメン』(石井潤振付)を見ていたため、音楽によってはそちらが浮かんできてしまった。それでも、以前よりも『カルメン』という作品について知識が増えていたので、楽しんで見ることが出来た。

3つの作品があったわけだけれど、それぞれ面白かったし楽しめました。個人的には『田園の出来事』が良かったなぁ。95年のロイヤルバレエ団来日公演の時に見て以来10年振りだったんだけれど、その時はまだこういう作品を楽しめるほどバレエを見ていなかった。でも今回はとても面白かった。10年間で、バレエに関する知識は格段に増えたし、見方の幅もかなり広くなったためなんだろうな。そういう意味では、今回のギエム公演は「玄人向け」なプログラムだったと思う。

そんなわけで7日間で6公演を見るというバレエ週間も一段落。
月末のKバレエの『白鳥の湖』まではしばらくお休みです。

公演最終日。寝坊のためギリギリで会場入り。まだ昨日の余韻が残っている。

本日のオーロラ姫は真忠久美子。手足が長くスタイルに恵まれたバレリーナ。ただ今日は最初のローズ・アダージョで軸が定まらずにふらついたりして調子はイマイチの様子。表情もマイム中心のところではいいんだけど、難しい踊りになると素に戻ってしまうなど、振付を自分のものにはできていなかった印象。3幕になってようやく持ち直したけど、そんなわけで物足りなかったですね。
山本隆之のデジレ王子は抜群に安定していました。パートナーが不調ということでサポートもかなり気を使っていて丁寧だったし、王子としての品格もますます磨きがかかっていた。以前はどうしても"現代の若者"にしか見えなかったのですが、ここ数年で気品と風格が公演を重ねる毎に増してきた。頼もしい限りです。

他のキャストはほぼ昨日と同じ。アクリさんのカラボスは昨日よりは控えめだったかも。イリインさんの王様は貫録があってマイムも自然。リラの精の西川さんは昨日よりも柔らかさが出てきていて好印象。ダイヤモンドの精の西山さんは役名の通りキラキラ輝いていました。

特筆すべきは群舞の出来の素晴らしさ。見に行った4日間を通じて、高水準の踊りを見せてくれました。個人的には2幕夢の場面がお気に入りです。軽やかで音楽性に富んでいて、見ていて幸せになれる群舞でした。

オケは公演を通して満足の出来る演奏。特に2幕間奏曲でのバイオリンソロ(コンサートマスターによる)は秀逸でした。

この『眠れる〜』って上演時間が休憩込みで3時間半と長丁場なので、見ているだけで結構疲れるんですよね。でも登場人物も多いし舞台美術/衣装も豪華だし、見終わった後の満足感がとても高い作品です。

さて、新国の次回公演は6月末の『ドン・キホーテ』。底抜けに楽しい作品だし、初役も多いので期待しています。

GWの谷間の平日ということで、空席もそこそこあった今日の公演。でも中身はとーっても濃い舞台でした。

なんといってもこの公演が現役最後の全幕主役となる志賀三佐枝。基本に忠実で安定した技術を持つバレリーナとして、これまでいろんな舞台に立ってきました。最後となるオーロラはどんな感じになるのか...。そう思っていましたが、実際幕が上がると軽やかで何かキラキラした、奥ゆかしいお姫様がいました。技術的にはまったく危ない箇所はなく、「これで引退なんてもったいない...」と思わせる踊りでした。なんかこのバレエ団で一番踊れるのは実は志賀さんなのでは...と感じました。
本人は「一番いいときにやめる」と新聞で語っていましたが、まさにそういう舞台となりました。
終演後、カーテンコールで長年の師である牧阿佐美芸術監督と抱き合っている姿は、見ているこちらの目頭が熱くなりました。
いい舞台をありがとう。お疲れさまでした。

彼女にとって最後の「王子様」となったのはデニス・マトヴィエンコ。2日前の好調さそのままに、高いテクニックと安定したサポートで志賀さんを支えていました。今日はいつも以上に丁寧なサポート、そのおかげもあり、とてもいい舞台になりました。

リラの精は西川貴子。個人的にはあまりリラには向いていないように感じました。もともとテクニック系には強いのですが、舞台全体を優しく包み込むような雰囲気をだすのはどうも...。『ジゼル』のミルタのように冷たく君臨するのはいいんですけどね。

青い鳥のグレゴリー・バリノフは◎。高い跳躍と余裕のある安定した踊りはいつ見ても素晴らしい。愛くるしい笑顔もあいまって、とても楽しい気分になりました。フロリナ王女のさいとう美帆は、無垢で素直な踊り。透明感があってキレイでした。

カラボスはマシモ・アクリ。相変わらずこの人の演技は濃くてアクが強い。それも陽性のアクなので、暴走すればするほど面白い。大好きですよ、この方。

今日は座席が2階バルコニーという舞台にとても近い場所だったので、いつも(3階正面)と比べてダンサー達の表情がとてもよく見えました。メインで踊る人達だけでなく、脇で立っているだけの人達の表情もいろいろと楽しめました。

明日はいよいよ最終日。どんな感じになるのかなー。

今日の主役はゲスト組。スヴェトラーナ・ザハロワとアンドレイ・ウヴァーロフでした(ニーナ・アナニアシヴィリは事情により降板)。初日はザハロワがローズ・アダージョで失敗したと聞いたので、きっと今日は気合いを入れてくるはず!と考えながら劇場入り。

ザハロワは昨年『眠り〜』で踊った時よりは調子を落としている感じ。バランスではふらつくことが多いし、回転でも軸ばぶれるのが多々あった。しかしそんな状態でも決めるところはしっかり決めるし、だんだんと調子を上げていったのはさすが。長い手足と柔軟な体、柔らかい所作など、ちゃんとオーロラらしく役作りをしていたのも好印象。文句ナシ、とは言えないですが、それでも一流の踊りを見せてくれたと思います。

ウヴァーロフは全体的にやや大人し目。新国の舞台のサイズがやや狭いというのもあるし、ザハロワが絶好調ではないのでそのサポートに専念していたようにも見えた。実際、二人で踊る場面ではすごく気を使っていたし。それでも要所要所の見せ場では、ダイナミックかつノーブルな踊りを披露。会場を沸かせていました。

リラの精は前田新奈。今まで何度も彼女の踊りは見ているのだけれど、今回の踊りは素晴らしい。確実な技術と、ゆったりと音楽に乗った優雅でおおらかな踊り、慈愛に満ちた守護者としての演技力など、文句のない出来でした。

青い鳥はマイレン・トレウバエフ。技術はあるけどちょっと地味な彼。でも今回はとっても優雅に美しく、華麗に踊っていました。普段は見えない"キラキラした感じ"も見受けられ、ちょっと一皮向けたかも、って思いました。
そしてなんといってもフロリナ王女で2年数ヶ月振りに登場の宮内真理子。登場のシーンでは会場から暖かい拍手が起きて、なんともいい雰囲気に。そして踊りはしっとりと落ち着きのある、品のあって奥ゆかしい。もっともっと見ていたかったです。

その他では猫の本島美和。昨年の公演で彼女の「猫演技」がツボにはまったんですが、それは健在。文字通り「猫の目のように」かわる表情が楽しめました(個人的にご贔屓にしてるっていうのもありますけどね)。G.バリノフ(長靴をはいた猫)とのコンビは息もピッタリ、最終日も楽しみです。
あと赤ずきんのさいとう美帆。彼女も表情の変化(ルンルン気分でおつかい→迷子で泣き出す→狼に狙われて怖がる)が面白い一人。狼にせまられて、怖がりながらキレイに手に持った花を落としていくところなんかは見ていてとても楽しい。

いつもは愚痴ることがおおいオーケストラ(東フィル)ですが、今回はとてもいい演奏を聴かせてくれています。この調子で最終日まで頑張ってください。

さて、明日は志賀三佐枝さんの日。先日今シーズンでの現役引退が急遽発表されたので、これが最後の全幕出演。見逃せません。